矢巾町地域包括支援センター

矢巾町で暮らす高齢者への総合的な相談・支援を行う窓口です。認知症サポーター、矢巾わんわんパトロール隊員も募集中です!
<< 2019年度の事業計画が決定 | main |
地域の課題
0

    <2018年度の事業を通じて見えてきた課題> 2019.5.14

    矢巾町地域包括支援センター 所長 吉田 均

     

     

    (1) 家族支援の充実を図ること

     〜蠱未亡悗錣襪垢戮討凌佑介護保険制度・政策等について家族に説明でき、つぎにつなげる。

    1. 家族の持っている力を引き出し、専門職は社会資源を理解し情報提供でき、支援できる。
    2. 緊急時のサービス利用が柔軟にスムースにできる仕組みを検討し、実用化ができる。
    3. いつでも相談できる(365日24時間)窓口体制を人員体制を含め早急の確立できる。

     

    (2) 独居等への支援の充実を図ること

      〆い蠅瓦反看曚瓦箸早期に見つかり、相談支援につながる取組が定期的に実施できる。

     ◆ゞ杁淹対応(急変、サービス利用、災害時)できる環境整備、地域と専門職のネットワーク。

     日常生活上で本人ができないことを見つけ、住民と専門職で生活支援活動を創設できる。

    ぁ仝朕余霾鵑龍νは住民の利益を優先する視点から、前向きに実用的に検討・運用できる。

     

    (3) 権利擁護の充実と取組を早急に開始すること

      ‘常の金銭管理や将来の相続等の問題は住民一人ひとりの課題であると認識できる。

     ◆\年後見制度等の普及啓発活動を行政、社協が中核となり各分野で地域展開できる。

      行政は要綱等に位置付け、社協と連携し、矢巾町独自の権利擁護の推進体制づくりをする。

     ぁ\慌広域の成年後見センター発足を待たすに矢巾町の中核機関が早急に整備できる。

     

    (4) 包括的地域づくり・健康づくり・介護予防の展開を図ること

      _雜醉祝匹話楼茲鼎り、QOL向上のためにある。予防から関わる事業所であること。

     ◆〃鮃づくりから地域づくりへのアプローチは保健師の原点。役割が発揮できる。

      要綱作成のプロのパブリックワーカーは、現場を理解し柔軟な要綱が作成できる。

     ぁヾ愀玄圓涼侶辰鮟个傾腓ぁ屮丱薀丱蕕ら有機的統合」された地域づくりの取り組みができる。

     

    (5) 包括的相談支援と地域生活支援の体制整備を進めること

      。虻个ら100歳までの「地域包括ケア」、「エンジョイやはばネットワーク」に取り組める。

     ◆.織董淵薀ぅ侫好董璽検砲肇茱魁頁西Υ泙瓩秦簡野)の連携・協働が具体的にできる。

      生活困窮者自立支援含めた相談機関のネットワークづくりとチーム支援ができる。

     ぁヽ謄繊璽犹抉腓寮賁膺Α奮栃杆郢療)のネットワーク化と共通目標の共有化ができる。

     ァ 崔楼莇生委社会とはなにか」を関係者が取り組みを通じて感じながらイメージしていける。

     

    以上

    | yahabahoukatu | - | 17:16 | comments(0) | - | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE